Skip to content

Posts from the ‘   ’ Category

30
3月

レースパンツ着用でサイクリングを快適に!!

ビンディングペダル、ヘルメット、サイクルジャージ、などなど、様々な自転車専用のアイテムが存在します。その中でもピチピチのウェアーやエアロ形状のヘルメットはそのルックスから初心者にやや抵抗のある物も多いようです。
その中で「見た目はちょっと苦手」と言う声が多いのが『レースパンツ』です。ルックス的にレーパン(レースパンツ)を履く勇気がないスポーツ自転車初心者の方が多いようです。
しかしながらプロの選手やスポーツバイク上級者がその着用を薦める自転車の専用ウエア。
今回入荷しましたおすすめレースパンツは、自転車初心者の方にもそうでない方にもおすすめのアイテムです。この機会にチャレンジしてみてはどうでしょう?

『ソルスティスショーツ ¥5800(税込)』
はい、シンプルです(笑)左の太ももにブランドロゴが入っているだけのシンプルデザイン。トップスとの相性に左右されない控えめすぎるデザイン、これが良いんです。
見た目は単なるスパッツのように見えますが、何と言ってもお尻にパッドが入っているのが最大の特徴でしょう。

と、このようにお尻の部分に目の細かいスポンジのような「パッド」が縫い付けられています。

●では、なぜパッドが必要なのか?
お気づきの方もいらっしゃると思いますが、サイクリング中のお尻の痛みを軽減するためです。サドルの形状などにも左右されますが、長時間自転車に乗ると大体の方がお尻の痛みを訴えます。
一番は地面の振動からくる痛みです。その問題に対してこのパッドは地面からくる振動をクッション効果で和らげます。その効果絶大です。一度履いたらやめられなくなってしまいます。

●パッド以外にも工夫された作りになっております。
二番目に良くある痛みですが、衣服とお尻が擦れ合って痛くなる股擦れのような痛みです。実はこの痛みをなくす為にあの独特の『ピタッ』とした外観になっているんですね(もちろん空気抵抗軽減の効果もあります)。生地はストレッチ機能が高くより肌になじむように。縫い目を少なくして、肌との引っかかりを少なく動きに抵抗の無いようになっています。また、衣服のシワによる皮膚との擦れを防ぐ為に太ももの裾にはラバー素材の滑り止めがついています。ペダリング中に生地がめくり上がってシワにならないようになってるんですね。

と、このように見た目は抵抗があるかもしれませんが、レーサーパンツを履く事により多くのメリットがあります。
もしも履かずにサイクリングをして・・・『痛みを我慢して乗ってたら次の日に痛みが残ってしまった』なんて事があると、自転車に乗るの気持ちも薄れてしまいますよね。非常に残念な事です。
プロの選手やスポーツバイク上級者が履くのはもちろんの事なんですが、楽しく自転車に乗るためのアイテムなのでスポーツバイク初心者の方にぜひとも履いて頂きたいアイテムですね!!

ちなみに、基本的にレーサーパンツは下着を着けないで履く物です。抵抗があるかもしれませんが中に下着を着ちゃいますと、せっかくのフィット感が活かされず、股擦れが起きたり、汗で蒸れて汗疹の原因になったり、衛生上も良くないので基本は地肌に直接履きましょう。

またレースパンツにはサドルなどと同じように相性があります。メーカーによって厚みや形状などが違ってくるので自分に合う物を見つけましょう。

今回入荷しました『ソルスティスショーツ ¥5800(税込)』はパッドもしっかりした作りで履き心地も良いです。そして何と言ってもこの作りではこの値段・・・なかなかのコスパです。さすがボントレガーです。素晴らしい!!
最初はあのピタッとした姿に抵抗があるかもしれませんが、その性能を体感してしまうとこれなしではサイクリング出来なくなってしまうほどです(笑)


暖かくなってサイクリングも楽しくなってくる季節です。是非このタイミングでお試しください。


27
3月

サドルも色々ありまして!

サドルにも用途に合わせた種類があります。ロードバイク用・マウンテンバイク用・クロスバイク用、普段使われている自転車の種類に応じて最適なサドルをお選び頂けます。そしてもう1つ種類があります。乗車する人間の座骨幅です。最適なサドル選と購入までの流れを御紹介致します!

KOGUではサドル選びをする前に、サドルサイザー専用ベンチでお客様の座骨幅を測らせて頂きます。良いサドルもしっかりしたサイジングなくして快適な走りには繋がらないのでとても大事な作業なります。
写真のようにサドルサイザー専用ベンチに座って頂き座骨幅を計測。これまであまり意識していなかった部分でもあるのではないでしょうか?自分の座骨幅気になりますよね?

サドルサイザーで計測後は写真のように座骨があたった部分にくぼみが出来ます、これがあなたの座骨幅。赤(Sサイズ)黄(Mサイズ)青(Lサイズ)。円の中心部で計測します。計測結果はMサイズ。同じ種類のサドルの中でも真ん中のMサイズを選択。

座骨幅のサイズがわかったらあとはデザインや使用目的等を検討してサドルを選ぶだけ。自転車を上手に走らせる為にもお尻とサドルの関係はとても重要!座骨幅のサイジングだけでも試してみませんか?
サドルが決まったら自転車に装着してサドルの高さ・サドルの前後位置等フィッティングをしてお引き渡しとなります!現在お持ちのサドルでポジション等気になる方へもサドルFittingサービス(通常価格3,000円(KOGU会員1,500円)を行っていますのでお気軽に御相談下さい!


27
3月

営業時間変更のお知らせ!

明日、3月27日(火)はKOGUスタッフミーテングの為、閉店時間を通常の20時から17時30分に変更して営業させて頂きます。皆様には大変御迷惑をおかけ致しますが何卒ご理解とご協力の程宜しくお願い致します。


26
3月

ビンディングシューズへSTEP UP!

ビンディングシューズとは・・・ビンディングペダルと一緒に使用する事で足とペダルが固定され、これまでよりもよりに自転車を走らせる事が出来る、自転車専用シューズになります。フラットペダルでは足の位置を固定する事が出来なので、脚力を十分に伝える為の最適なポジションを維持するのがとても難しいのですが、ビンディングシューズではペダルにシューズを固定する事で、いつでも最適なポジションでペダルを踏む事が出来ます。結果として、これまで以上の距離を走れるようになったり、上り坂が楽になったりと自転車を乗る上で様々なメリットを発揮してくれる優れものです。今回はビンディングシューズ購入までの流れを御紹介させて頂きます。
1.先ずはフットサイザーを使って足の全長と幅を測定します。足の大きさや形も『十人十色』最適なサイズを見つける為にも欠かせない作業です。
2.足のサイズがわかったらお気に入りのシューズを選んで頂き試着して頂きます。ボントレガーのシューズにはノーマルサイズと足の幅が広い方の為にワイドサイズが準備されているのでシューズ選びにとても便利。
3.ピッタリサイズのシューズが決まったら、次はビンディングペダルにシューズを固定す為に必要なクリートの取付け。シューズを履いて頂き、拇指球と小指球にポイントをつけてクリートを仮にセッティングします。
4.下準備を終えたら、ローラー台に固定した自転車にまたがりクリート位置とサドルの高さ・サドルの前後位置をレーザーを使って性格に出していきます。ビンディングシューズを性能を十分に発揮する為にもこの作業がとても大事になってきます。クリートの位置がしっかり出ていないと、膝や足首の痛み等も出てきてせっかくのチャレンジも残念な事になりかねません。
5.ビンディングシューズって『外れなさそうで怖い』というお客様の声を良く耳にすることがあるのでKOGUではビンディングシューズを御購入の際にローラー台に自転車を固定した状態で、クリートのはめ方、外し方のコツをお伝え致しますので、安心してビンディングシューズへSTEP UPして頂けます。ビンディングシューズを既にお持ちの方でクリートの位置が気になる方にも30分程度で行えるクリートFittingサービス(通常価格3,000円(KOGU会員1,500円)を行っていますのでお気軽に御相談下さい!


25
3月

サイクリングをもっと楽しく。サイクルコンピューター装着!!

今日はサイクリングが楽しくなるアイテム。サイクルコンピューターをご紹介します。
ちなみにサイクルコンピュータとは、自転車に着けるコンピューターです。速度や距離、グレードによっては様々な情報を表示、計測できます。今回ご紹介しますのはコスパ重視のエントリーモデルです。

『ボントレガー Trip4W ¥4500(税込み)』
ボントレガーで人気のサイクルコンピューターです。お値段もお手頃、しかもなんとワイアレスなんですねー。なので工具もほとんど要らず簡単に装着出来ます。
そして、気になる機能と言いますと、スピード、時間、距離など基本的な機能が搭載されております。個人的にはディスプレイが大きくて見やすいのがとてもいい感じです。

では早速箱を開けてみましょう。こんな感じで細かいパーツは袋に小分けされています。説明書もしっかり読んでから組み立てて下さい(笑)

では、まずコンピューター本体に電池を入れましょう。気を付けて欲しいのが、蓋と電池の間にゴムのリングを忘れないように。意外と忘れがちです。電池の蓋はコインでくるりと回してOKです。

次は、ハンドル周りのパーツですね。ハンドルに固定する方法なんですが、タイラップ(ロックタイ)で装着する方法と専用のアタッチメントバンドで装着する方法です。タイラップで固定するタイプが多いので、今回はバンドで止めましょう。

こちらはホイール側のセンサーパーツです。こちらも2種類の装着方法があります。今回は簡単装着のゴムバンドでいきましょう。


ハンドルの太さにあわせてドライバーで簡単固定です。個人的にはこちらの方がスッキリしていて好きです。

センサーとマグネットを装着でーす。 フォークの太さに合わせてゴムバンドを選んで着けるだけ簡単ですねー


何とこれだけで装着完了なんですねー。ワイアレスなんで本当に簡単で見ためもスッキリ!!素晴らしい!!

あとは説明書にそって時間やホイールサイズを入力するだけ。これで走っているスピードや距離などが目に見えてわかるので、毎日の走りの違いが楽しめます。

今回はマウンテンバイクでしたが、ロードバイク、クロスバイクなどなど、ほとんどの自転車に装着可能です。まだサイクルコンピューターを付けていない方、ぜひ『ボントレガー Trip4W ¥4500(税込み)』いかがでしょう!!


24
3月

コスパ抜群!! ボントレガーのサイクルジャージ入荷しました!!

寒さも一段落。これからの季節サイクリストには楽しいシーズンですね。サイクルウェアも衣替えのこの時期、タイミングよくおすすめウェアーが入荷しました。

『ボントレガー ソルスティスジャージ¥4,800(税込み)』
何と言ってもリーズナブル。こちらのジャージの特徴はチョッピリ大きめな作りになっているところです。
ピッタリとした本格的なサイクルウェアにまだ抵抗のあるかた、またサイクリスト入門者の方にバッチリのサイクルウェアです。
カラーはシンプルな単色のカラーリング。またデザインは控えめな仕上がり、両肩にブランドロゴマークとラインがはいっています。飽きのこないシンプルなデザイン、カラーリングでおすすめです。
お値段はリーズナブルですが作りはしっかりとしています。さすが『ボントレガー』ですね。

こちらは一つ上のグレードになります。
『ボントレガー レースショートスリーブジャージ¥6,000(税込み)』
こちらの特徴はまずフルジッパー使用でベンチレーション的な使い方が出来て機能的。また、肩と襟はピッタリフィット素材を使用しておりまして、フィット感が良くなおかつ動きやすくなっています。

バックポケットにはワンポイント、裾のゴム部分に、ブランドロゴがさりげなく入っています。そして一番右手の方にはジッパー付きのポケットがっ!!落としてはいけない大事な物を入れてしっかりセキュリティー。良いですねー。
今年もボントレガーはとってもおすすめ!!

これからジーズンに向けて徐々にウェアーが入荷してきます。ぜひお店に足を運んでチェックしてください。

お待ちしております。


23
3月

夏物グローブ入荷しました。

春も近づき、まだ微妙に寒かったりしますが、確実に暖かくなってきています。

昨シーズン使用していたグローブはまだ使えそうでしょうか?グローブなどはシーズン単位で交換される方が多いので、昨年「今シーズンまで使用してやる!」と使用され、検討されている方もいるのではないでしょうか?

タンブラーの方で少しだけご紹介したのですが、夏用の指切りグローブ入荷しております。

ハンドルバーへの過度の圧迫は、しびれや披露、痛みを引き起こします。今回入荷したinFormグローブは手のひらから尺骨神経への圧迫を軽減させる効果が科学的にも実証されたグローブなのです。

わずかではございますが、レディースモデルも入荷しております!

今期のグローブでお悩みの方がいらっしゃいましたら、ぜひ御来店ください。                                                       

inForm RL FUSION GELFOAM  ¥3,000  RED、BLACK、WHITE