Skip to content

2012年3月25日

サイクリングをもっと楽しく。サイクルコンピューター装着!!

by admin

今日はサイクリングが楽しくなるアイテム。サイクルコンピューターをご紹介します。
ちなみにサイクルコンピュータとは、自転車に着けるコンピューターです。速度や距離、グレードによっては様々な情報を表示、計測できます。今回ご紹介しますのはコスパ重視のエントリーモデルです。

『ボントレガー Trip4W ¥4500(税込み)』
ボントレガーで人気のサイクルコンピューターです。お値段もお手頃、しかもなんとワイアレスなんですねー。なので工具もほとんど要らず簡単に装着出来ます。
そして、気になる機能と言いますと、スピード、時間、距離など基本的な機能が搭載されております。個人的にはディスプレイが大きくて見やすいのがとてもいい感じです。

では早速箱を開けてみましょう。こんな感じで細かいパーツは袋に小分けされています。説明書もしっかり読んでから組み立てて下さい(笑)

では、まずコンピューター本体に電池を入れましょう。気を付けて欲しいのが、蓋と電池の間にゴムのリングを忘れないように。意外と忘れがちです。電池の蓋はコインでくるりと回してOKです。

次は、ハンドル周りのパーツですね。ハンドルに固定する方法なんですが、タイラップ(ロックタイ)で装着する方法と専用のアタッチメントバンドで装着する方法です。タイラップで固定するタイプが多いので、今回はバンドで止めましょう。

こちらはホイール側のセンサーパーツです。こちらも2種類の装着方法があります。今回は簡単装着のゴムバンドでいきましょう。


ハンドルの太さにあわせてドライバーで簡単固定です。個人的にはこちらの方がスッキリしていて好きです。

センサーとマグネットを装着でーす。 フォークの太さに合わせてゴムバンドを選んで着けるだけ簡単ですねー


何とこれだけで装着完了なんですねー。ワイアレスなんで本当に簡単で見ためもスッキリ!!素晴らしい!!

あとは説明書にそって時間やホイールサイズを入力するだけ。これで走っているスピードや距離などが目に見えてわかるので、毎日の走りの違いが楽しめます。

今回はマウンテンバイクでしたが、ロードバイク、クロスバイクなどなど、ほとんどの自転車に装着可能です。まだサイクルコンピューターを付けていない方、ぜひ『ボントレガー Trip4W ¥4500(税込み)』いかがでしょう!!


Read more from    

Comments are closed.