Skip to content

フィッティング


自転車選びも十人十色。体格も乗り方も十人十色。
気に入って選んだ自転車が窮屈で乗り心地が悪いフォームじゃ楽しさも半減してしまいますよね?
KOGUでは米国バイクフィット・システムズ社のプロバイクフィッターの資格を持つスタッフが、あなたにとって最適なポジションをご提案いたします。

KOGUではご購入までの流れのなかで、お客様の身長と座高を測定し、お客様の身体に一番合うフレームサイズを決めたり、サドルの高さを調整するなどの「サイジング」を無料サービスとして提供しております。
これとは別に、ライディングの際に、無駄な力が入らない最も効率の良いフォームポジションを見つけるのがこの「バイクフィット」です。最小の力でさらに速く、さらに遠くへ。長時間のライディングによる痛みや疲れも軽減されるでの、ツーリングやレースがさらに楽しくなります。プロも利用するこのバイクフィットを是非お試しください!

「瀬戸口近代車」にてバイクフィットをご利用いただいた際のお客様の声はコチラから



当店KOGUでは、米国バイクフィット・システムズ社公認バイクフィットインストラクターの伏見 真希門(ふしみ まきと)氏によるバイクフィット講習会に参加しプロバイクフィッターの資格を得たスタッフが、バイクフィット社の確かなノウハウとフィッティングスキルをご提供いたします。
バイクフィット・プロフィッター・リストはコチラから





バイクフィット・システムズ社について

バイクフィットシステムズの起源は1995年のアメリカ・ロサンゼルスまで遡ります。現在のクリートウェッジの原型となる「Big Meat」と呼ばれる商品をポール・スウィフト氏(バイクフィット・システムズ社現社長)が開発に協力していました。そのクリートウェッジの開発後、シューズのインソール内に入れるITSウェッジ(その当時はソールパワーと呼んだ)を開発しました。今日では、スペシャライズド社他、複数の会社もその価値を認識し、彼らが独自でITSウェッジを作り出しています。

バイクフィットシステムズ社は2006年から自社より供給を始める際、アメリカ国内のバイクショップのスタッフやバイクフィッティングに関心の高い機関を対象に、教育プログラムを開始しました。

アメリカ・シアトルに基盤を置くバイクフィットシステムズ社のバイクフィッティング哲学は、今や世界的に流通が広がり、バイクフィッターや医療分野の中で最も影響力があります。将来的にバイクフィットシステムズ社は、世界中の自転車業界と医療界との独自の関係を教育プログラムや講義によって構築していきます。(バイクフィット・システムズ社オフィシャルサイトより抜粋)